褐色脂肪細胞とは

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報1 >褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞とは

褐色脂肪細胞とは、褐色をした脂肪細胞のことです。脂肪細胞とは、脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞で、この脂肪細胞の脂肪蓄積量が増えると肥満になります。

脂肪細胞には白色と褐色の2種類があって、白色脂肪細胞は体に入ってきたエネルギーを中性脂肪として蓄えます。

一方、褐色脂肪細胞は体内に蓄積されていたエネルギーを燃焼させて、放出します。首や肩甲骨、心臓や腎臓のまわり、脇の下などにわずかに存在する褐色脂肪細胞の働きで、寒いときに体温を維持したり、食後に体温が上昇したりします。 温度を上げるヒーターのような働きをしています。

褐色脂肪細胞の量は、成長期に入ると少しずつ減っていき、生まれたばかりの時には約100gあるのですが、成人になると約40gになってしまいます。そのため、基礎代謝が下がってしまい、太りやすく脂肪がつきやすい体になってしまうのです。

たくさん食べても痩せている人の共通点は、褐色脂肪細胞の量が多かったり、活動が活発であるということです。褐色脂肪細胞が活発に働いていると、摂取カロリーが多くても、熱として放出してくれるからです。


おなかいっぱい食べてもやせられるダイエットの情報を無料で提供しています。ぜひ、お読みください。

黒豆ダイエット


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について