睡眠不足と肥満の関係

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報1 >睡眠不足と肥満の関係

睡眠不足と肥満の関係について

睡眠不足だと、それだけで肥満になりやすいということが、様々な医学的な研究によってわかっています。

その原因としては、睡眠不足だと、脂肪を分解するホルモンが減少してしまうことと、食欲を刺激するホルモンが増加してしまうことがあげられます。

アメリカのコロンビア大学によって2005年に発表された研究によると、睡眠時間が7~9時間眠る人と比べて、6時間眠る人で23%、5時間眠る人で50%、そして4時間以下しか眠らない人では73%も肥満率が高くなるということです。

睡眠不足だと、やせやすいホルモンが減少し、太りやすいホルモンが増加してしまうということに加えて、起きている時間が長いため、それだけ食事を食べる機会が増える可能性が高くなるということも関係しているかもしれません。

いずれにせよ、睡眠不足は肥満の原因となり、ダイエットの成功率も低くなってしまいます。
やせたい人は、しっかりと睡眠をとる必要があるということです。


食事制限ダイエットで空腹感の苦しさを感じていると、眠りにつきにくいという問題も考えなければなりません。
ストレスと感じるようなダイエットをしてしまうと、睡眠不足につながってしまうからです。

そういう問題の起きない、とても楽なダイエットでなければならないのです。

ダイエット成功の秘訣をダイエットレポートとしてまとめました。
無料でプレゼント中ですので、ぜひお読みください。


食事制限ダイエットしているのに


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について