ダイエットと生理の関係

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報2 >ダイエットと生理の関係

ダイエットと生理の関係 女性ホルモンと食欲・やせ期


女性がダイエットに成功するコツは、女性ホルモンの周期を理解して、利用することです。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

エストロゲンは、受精卵を育てるため、子宮の内膜を厚くする仕事をしています。

また、プロゲステロンは、さらにその上に、やわらかい膜をつくり、受精卵が着床しやすい環境を作る仕事をしています。


着床しなければ、作られた膜は壊されてしまいますが、これが生理という現象です。


エストロゲンは、内臓脂肪を小さくするので、おなかやせホルモンと言えます。

プロゲステロンは、エネルギーを皮下脂肪として蓄えようとするので、「全身ふっくらホルモン」と言えます。


エストロゲンは生理後に増え、10日間ほど多い時期が続きます。
この時期は「やせ期」と呼ばれていて、ダイエットで体重が減りやすい時期です。、
エストロゲンが分解した内臓脂肪を、効率よく使うことができる時期なので、有酸素運動をすれば特にダイエット効果が期待できます。


一方、プロゲステロンが増えるのは、生理前の10日ほどです。
この時期は、食べたものが皮下脂肪になりやすく、体重は増え、太りやすい時期です。。
そのため、食べ過ぎないように気をつけて、体重は現状維持でかまわないと考える時期です。


生理後の10日間で減量し、その後の10日間は現状維持、という繰り返しで、階段状のグラフのように
体重が減っていくのが、女性の理想的なダイエットと言えるのです。


必ず知っておかなければならないダイエット成功の秘訣をまとめたレポートを無料プレゼント中です。ぜひうまく活用して、ダイエットを成功させてください。

ダイエットに効くエクササイズ


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について
ダイエット情報2
芸能人のダイエットが成功する理由
本能と食欲の関係
肥満予防の食事療法
背伸びダイエットのやり方
本物の食欲とニセの食欲
足やせダイエット
炭水化物抜きダイエット
脳でやせるダイエット
食事制限ダイエット
寝るだけダイエットの方法
成功するダイエット
食欲抑制剤の効果と副作用
正しいダイエットとは?
痩せやすい体になる方法
満腹感を得る方法
脳疲労とダイエット
肥満の原因
野生動物に肥満はいない
肥満と腸内細菌の関係
慢性疲労症候群と肥満
理想的なダイエット方法
食欲のコントロール
砂糖は太るのか?
脂肪を減らす方法
食べすぎの原因
激やせする方法
高血圧をダイエットで改善する
褐色脂肪細胞を増やすダイエット
家で出来る簡単ダイエット
下半身やせダイエット
異常な食欲
肩甲骨ダイエットの方法と効果
空腹感のコントロール
食べてやせる方法
アンチエイジング効果
メタボ解消
やせる極意
ストレス太りの原因
セロトニンを増やす方法
ゾーンダイエット
マクロビオティックダイエット
ダイエットグッズ
ダイエットと生理の関係
ダイエットに効くエクササイズ
ダイエットの成功法則
はくだけダイエットの効果
青色ダイエットめがね
きれいにやせる方法