野生動物に肥満はいない(太っていない)

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報2 >野生動物に肥満はいない

野生動物に肥満はいない(太っていない)のに、人間だけがダイエットが必要な理由

野生動物で、肥満状態になって太っているものはいません。
なぜ、人間だけ(人間に飼われているペットも)が肥満で苦しむことになるのでしょうか?

それは、野生動物は、本当におなかがすいているときだけ食べて、おなかがいっぱいになったら、すぐに食べ終わるからです。もったいないとか、せっかくだからといった価値観や感情で食べる量を変えたりしないからです。

あなたも見たことがるのではないでしょうか?
チーターなどの猛獣が、獲物をとらえて、食べていて、まだ食べる部分がたくさん残っているのに、あっさりと食べ終わります。

人間からすれば、「もったいない」、「あれだけ苦労して獲物をとらえたのに」というふうに感じてしまうのですが、野生動物は、そのような感情に支配されていないのです。
本能的な体の信号に従って食べたり、食べ終わったりしているのです。
空腹になったら食べて、満腹になったら食べ終わるということをひたすら続けているだけなのです。

だから、決して肥満で苦しむことはないのです。


逆に人間は、たとえおなかいっぱいになっていたとしても、「せっかくだから」、「これだけおいしいのだから」と体の感覚よりも感情や価値観を優先させてしまい、結果的に食べすぎて、太ってしまうのです。


この違いこそが、野生動物は太ることがなく、人間は太ってしまう原因なのです。


実は、野生動物でも太っている、脂肪をたくさん蓄えているものがいます。それはどういう動物でどういう条件でそうなっているのでしょうか?

詳しい話は、ダイエット成功の秘訣をまとめたレポートでお知らせいたします。

肥満と腸内細菌の関係


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について
ダイエット情報2
芸能人のダイエットが成功する理由
本能と食欲の関係
肥満予防の食事療法
背伸びダイエットのやり方
本物の食欲とニセの食欲
足やせダイエット
炭水化物抜きダイエット
脳でやせるダイエット
食事制限ダイエット
寝るだけダイエットの方法
成功するダイエット
食欲抑制剤の効果と副作用
正しいダイエットとは?
痩せやすい体になる方法
満腹感を得る方法
脳疲労とダイエット
肥満の原因
野生動物に肥満はいない
肥満と腸内細菌の関係
慢性疲労症候群と肥満
理想的なダイエット方法
食欲のコントロール
砂糖は太るのか?
脂肪を減らす方法
食べすぎの原因
激やせする方法
高血圧をダイエットで改善する
褐色脂肪細胞を増やすダイエット
家で出来る簡単ダイエット
下半身やせダイエット
異常な食欲
肩甲骨ダイエットの方法と効果
空腹感のコントロール
食べてやせる方法
アンチエイジング効果
メタボ解消
やせる極意
ストレス太りの原因
セロトニンを増やす方法
ゾーンダイエット
マクロビオティックダイエット
ダイエットグッズ
ダイエットと生理の関係
ダイエットに効くエクササイズ
ダイエットの成功法則
はくだけダイエットの効果
青色ダイエットめがね
きれいにやせる方法