ダイエット薬の効果と副作用

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報3 >ダイエット薬の効果と副作用

ダイエット薬(やせ薬)の効果と副作用について

ダイエット薬(やせ薬)には、 ゼニカル、オベスタット、リダクティル、メリディア、サノレックスなどなど、たくさんの種類があります。

重度の肥満の治療に用いられることがあります。

基本的に、重度の肥満にしか用いられないのは、ダイエット薬には、恐ろしい副作用があるからです。


薬の効果が得られる場合には、食欲が抑えられる効果が劇的になることもあります。ほとんど何も食べなくても我慢できるようになったりするほどです。

ただし、ダイエット薬をやめたら、とたんに食欲が激しく増大してしまうようになるため、やめることができなくなって、ダイエット薬に依存する依存症になってしまう恐れがかなりあるのです。

摂食中枢(空腹中枢)と満腹中枢は、睡眠欲や性欲など本能的な活動を支配している視床下部というところにあって、食欲は他の欲求と深く関係しあっています。

そのため、食欲だけを強くしたり弱くしたりして、他の欲求には何も影響がないというわけにはいかないことが多いのです。

ダイエット薬の効果が強ければ強いほど、他の欲求などへの影響も強くなってしまうでしょう。

ダイエットは、薬で簡単にやせようとするのではなく、食事と運動を組み合わせてやせるように心がけてください。
現状の医学・科学のレベルでは、ダイエット薬でやせるというのは、あまりにも副作用が大きいのが現状です。

そして、知っておいて欲しいこととしては、ダイエットはそんなに難しくはないということです。
あることを知っていれば、むしろ簡単です。
ダイエット成功の秘訣を知っておいてもらいたいと思い、レポートにまとめました。ぜひ、お読みください。

ダイエット成功の秘訣


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について