飢餓感と過食衝動

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報5 >飢餓感と過食衝動

飢餓感と過食衝動の関係について

食べる量を減らしすぎてしまうと、体は栄養不足の危機感から、飢餓感を感じるようになり、必死に栄養を求めるようになります。

生存本能は、命の危険を感じると、理性や意思など無視して、暴力的な食欲の衝動=過食衝動を高めて、命をながらえようとします。

この過食衝動は、生存本能の働きによるものであって、意思でコントロールできるレベルのものではありません。

食欲を無理に我慢し続けていると、飢餓感が強くなり、過食衝動を抑えられなくなってしまうので、極端な食事制限ダイエットなどは、できるだけおこなわないようにしてください。

飢餓感による過食衝動(体が栄養を求めて起きるもの=生存本能の働きによるもの)と、心理的な問題から生じる、心のすきまを埋めるための過食衝動があります。

もし、強い過食衝動を感じているならば、その過食衝動が飢餓感による過食衝動なのか、それとも、心理的な問題から生じる過食衝動なのか、見極めるようにしてください。

ダイエットレポートで詳しく解説しています。

痩せられない理由


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について