空腹感と満腹感

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報5 >空腹感と満腹感

空腹感と満腹感について

空腹感と満腹感がわからないという人は少なくありません。

空腹感を感じてから食べ始めると、空腹感が弱くなって満腹感がやってくるという感覚がわかりやすいのですが、 もともと空腹感を感じていない状態から食べ始めると、変化がうまく感じ取れないため、どのあたりまで食べてよいのかがわからないまま食べ進めることになってしまいます。

そして、おなかがいっぱいで苦しくなる限界のところまで食べて、ようやく食べ終わることになるのです。

満腹のところではなく、限界のところまで食べてしまうのがくせになってしまうということです。

また、満腹でないから食べるという人も少なくありません。
空腹だから食べるのではなく、満腹でないから食べるということがくせになってしまうと、 常に満腹でないと落ち着かなくなってしまいます。

空腹感を感じるから食べるということをなるべく習慣にしていくようにしてください。

そうすれば、空腹感と満腹感の違いがはっきりとわかるようになると思います。

食べてやせるダイエット


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について