満腹感が得られない

簡単ダイエット教室TOP > ダイエット情報5 >満腹感が得られない

満腹感が得られない理由

満腹感が得られない原因として、どのようなものが考えられるでしょうか?

まず、セロトニンなど、満足感にかかわる脳内ホルモンが減少してしまうという問題があります。

慢性的な睡眠不足だったり、嘔吐を繰り返したりといったことによっても、セロトニンが減少してしまうことがわかっています。

満腹感が得られない人は、苦しくなるほど胃の中に食べ物を詰め込まないと、不足感がなくならないように感じて、ひたすら食べ物を詰め込みたくなってしまうという問題があります。

過食症で苦しんでいる人は、まさにそういう感じで、満腹が得られないという感覚になってしまうようです。

もともと満腹感の信号というのは、それほど強い信号ではありません。

食べ物の化学調味料やエキス・香料などの刺激の方がはるかに強力であるため、満腹感の弱い信号は、簡単にかき消されてしまいます。

満腹感=満足感には、満たされているという心理的な状態も必要であり、ただたくさん食べるだけでは足りないのです。

ダイエットレポートでは、満腹感を得るための方法などを具体的に解説しています。

ダイエットのコツ


ダイエットビフォーアフター

精神科医

ダイエットマニュアル


ダイエットレポートを無料で手に入れる。
*は入力必須です。
姓のみor名のみorニックネーム* 
メールアドレス* 


(注)なるべく、パソコンのアドレスでご登録ください。
携帯のアドレスで登録される際は、必ず先に「diet-seminar.com」
のアドレスからのメールを受信できるようにしておいてください。
登録上の注意:登録されたメールアドレスは、
レポートの送信と「メールマガジン」の配信のみに利用し、
これ以外の目的には決して使用いたしません。
いつでもワンクリックで簡単に解除可能です。
おすすめできるダイエット方法
ダイエット方法の紹介
開発の過程について