幸せのピンクダイエット


とにかく青色ダイエットめがねの購入者の方に感謝の気持ちを伝えたい。
そして、青色めがねの足りない要素を補ってくれて、本当にやせられて
幸せになれるものを届けたい。


ずっとそう思い続けてきましたが、結局何年も掛かってしまいました。
試作を開始してからだけでも、丸2年も掛かってしまいました。


しかし、ようやく次の展開を確信を持ってお伝えできるようになりました。

満腹感を与えてくれるサングラス」というものです。

エキサイトニュースでも、
満腹感を与えてくれるサングラス」として紹介されました。

エキサイトニュース



それで、具体的にどのような過程を経て、
この「満腹感を与えてくれるサングラス」というものを開発してきたのか
について、お伝えしたいと思います。

かなり長くなるので、軽く読み流してください。
なんとなく雰囲気を感じてもらえたら、嬉しいです。

写真がいろいろと出てきますが、ここに写っているものは、
実際に送ってきてもらったもののうちの一部にすぎません。

手元にあって、撮影しやすかったものだけを撮ってみました。
実際にはもっと大量に試作品が存在しています。




それでは
どのようにして開発されたのかについてのお話です。


もともと青色ダイエットめがねを作り始めた2003年よりも前から、
若返り効果などが期待できるピンク色のレンズのサングラス
作りたいと考えていました。

そのため、手に入れることができるありとあらゆるピンク色のレンズや
フィルター類、透明プラスチック素材などを、何年にもわたって
集め続けていました。

それらのどれかが助けとなってくれるかもしれないと思って、
ピンク系統の透明なものは、とにかく見つけるたびに購入し続けていました。

そして、2008年の春に、ピンクのレンズの製作に実際に
取り掛かり始めました。



最初は、偏光レンズを作りたいと考えていました。
特別な効果が期待できるうえに、パソコン用のめがねとしても
利用できるので、より望ましいのではないかと考えていたからです。


実際に、試作を開始してみると、思いのほか、ピンク色がうまく出てくれず、
くすんだオレンジ色がかった色になってしまいました。

偏光レンズ

市販の濃いピンク色のサングラスよりは少し濃いかなという程度で、
これでは、求めている心地よく感じるピンク色にはほど遠いとしか
思えませんでした。


その後も何度か偏光効果のあるレンズや、色見本のプラスチック板の
試作をしてもらったのですが、色合いはうまく出せないままでした。

偏光レンズ

ちなみに、色見本の透明なプラスチック板とは、こんな感じのものです。
色見本


そして、「これではほど遠いので、またあらためてお願いします。」
というのを繰り返していました。


しかし、偏光レンズの色をうまく出すのは困難だし、
色の再現性も非常に低いということでした。

そして、最小製造個数があまりにもばく大になってしまって、
現実的に負担できるコストではないということで、
偏光レンズはあきらめることにしました。


あとから考えても、パソコン用の用途でも使えるとか、
中途半端なので、やめて正解だったと思います。



そして、偏光レンズはやめて、
それ以外のレンズを作ることに切り替えました。

「とにかく、ピンク色は、これくらいの濃さまでは出して欲しい」
と強くお願いしました。

そして、できてきたのがこれらです。

ピンクのサングラス

どんな色合いがベストなのかよくわからなかったので、とにかく
パステルピンクと呼べそうな色合いは、ほぼすべて試作してみよう
というふうに考えていました。

このときは21種類作ってもらいました。

この時点で、求めている効果にとって、やや赤色系が強いピンク色が
望ましいようだということがはっきりとしてきました。

やや紫がかったピンク色も多いことに気づかれると思います。


青色ダイエットめがねがまさにそうなのですが、青味が強いと、
少しすーーっとするのです。
寒色系と言われるように、涼しくなるような感じでもあります。

力が抜けて少し楽な感じではあるけれど、求めている効果とは
まったく異なるものです。

求めている効果は、甘く感じる効果幸せに感じる効果
満腹感を感じる効果です。

これは少し引っ掛かりを感じて、広がるように感じるものです。
すーーっとする感覚を感じる効果は、
求めている効果とはまったく逆のものなのです。


このあと、色見本のプラスチック板を繰り返したくさん作ってもらい、
微妙な色合い、濃度をさらに詰めていきました。

そして、特に色合いに関しては、かなりわかってきたと感じて、
喜んでいました。


ただ、やっかいな問題に気づいたのでした。

それは、少し赤色系が強いピンクであっても、
広がる感じがほとんどなくて、満腹感が強まるような感覚など、
あまり感じられなかったのでした。

色はいい感じで出せているはずなのに、効果があまり得られない。

そもそもピンク色には求めているようなそんな効果はないのかもしれない。

色というものにそこまでの力を期待する方がおかしいのかもしれない。

根本的に間違っているのかもしれない・・・

終わったのかもしれない。


でも、少し引っかかるような、広がる感じが再現できれば、
可能性はまだあるはずだと思いました。

そういうわけで、「引っかかる感覚を強めたい」、
「青色めがねとはまったく逆の効果を高めたい」と考えて、
思い切ってUVカット無しのレンズを作って欲しいと依頼しました。

UVカットありのものよりも引っ掛かりが増し、
甘く感じる効果などが高まるのです。

それでできてきたものが次のものです。

ピンクのサングラス

これらを掛けて甘いものを食べると、甘さを通常よりも
かなり強く感じて、これは面白いと喜んでいました。

しかし、濃ければ濃いほど、甘さを強く感じられるのですが、
しんどさも強くなってしまうのです。

あまり幸せという感じではなくて、これでは求めているものとは違うので、
UVカット無しというのは、ダメみたいだという結論になりました。

そもそも、より甘く感じる効果とダイエットにどういう関係があるんだ?
となってしまうでしょうから、甘く感じる効果を追い求めすぎるのは
やめることにしました。


そこで、UVカット無しはあきらめて、あらためてUVカットありで、
幸せな感じと、満腹感が感じられるようなものを作りたいと考えました。

ピンクの色合いや濃度はすでにかなりいい感じになってきていたので、
詰めの段階のつもりで、色見本のプラスチック板をたくさん
作ってもらいました。

ピンクのサングラス

そして、できてきたものを試してみたのですが・・・

やっぱり、どうしても、納得できるレベルにはほど遠い。


色合いと濃度はかなりいい感じで、とてもきれいなパステルピンクに
なっている。

かなり気分がよくなるようなきれいなピンク。

でも、満腹感が強まるような感覚はこれっぽっちも感じない。


なぜなのだろうか?

やっぱりそんな効果を求めたこと自体が間違っていたのかも知れない。

サングラスで満腹感を高めようとするだなんて、もともとの考え方自体が
馬鹿げすぎていたのかもしれない・・・

もう無理かもしれないなあ、と強いショックを受けました。


ここまでこんな狂った依頼に、真剣につきあってくれていたレンズ会社の
人たちも(こんなわけのわからない青色のサングラスなど絶対に売れるわけが
ないと言われていたのですが、それなりに売れ続けたことで、
信頼してくれるようになっていたのです。)、さすがにもういい加減にして欲しい
という雰囲気がありありと伝わってきて、すでに限界が近づいているのは、
明らかでした。


きれいなパステルピンクの色合いには達することができていたので、
きれいなピンク色のレンズをアピールして、パステルピンクグラス
という形で販売するしかないのかなという状況でした。

でも、それで、青色ダイエットめがねを購入してくれた方に
喜んでもらうなんてことができるのか?
というと、まったくダメであることは、よくわかっていました。

なんとか、青色めがねを購入してくれた方たちに喜んでもらいたい。
絶対に恩返しをさせてもらわなければいけない。

だから、どんなに厳しくてもあきらめるわけにはいかないんだ。

なんとしても、理想のピンクグラスにたどりつかなければいけないんだ。
そう強く思い続けていました。



「お客さんのために、全力を尽くす。」
これは絶対に必要なことだと思います。
ただ、現実的には、ゆかりのない人たちに対して、
必死に貢献しようとし続けることは難しいことだと思います。

しかし、青色めがねを買ってくれた人たちは、自分にとっては、
大いなる恩人であったわけで、ものすごく特別な存在でした。
だから、どうしても喜んでもらいたいし、絶対にいいものを
届ける責任がある
と強く感じていました。

だから、ただひたすら、必死に効果にこだわり続けることが
できたのでした。

もし、ふつうの漠然としたお客さんという対象であったならば、
こんなに粘り続けることなど、決してできなかったはずだと思います。


そんなわけで、厳しいのは百も承知だけれど、なんとかもう一度だけ
試作をお願いしますと頼み込みました。

最後には折れてくれて、なんとか試作を受けてくれるということに
なりましたが、依頼した種類が多すぎるのもあって、さすがに
もう付き合いきれないということで、条件を付けられてしまいました。

自分の希望する色出しの方法ではなく、希望していない色出しの方法で
なら、試作してもいいと言われてしまったのでした。

ここまでいっしょに頑張り続けてきてくれたのに、もう少しのところで、
なぜそんな厳しい態度を取るんだろうか?となげきたくなりましたが、
もはやどうにもならない状況なので、受け入れざるを得ませんでした。

そして、できあがってきたレンズを試して、衝撃を受けました。

ピンクのサングラス
この写真には4-3がありませんが、4-2と4-3がベストに近いと感じました。

まず、色合いが追い求めていたピンク色についに到達できていたのです。

これこそが追い求め続けてきたピンク色だと感動しました。

そしてさらに、 幸福感を感じるとともに、
おなかが膨れるという感じが再現されている
ことに気づいたのでした。


これだ!まさにこれを求めていたんだ。

本当に嬉しかったです。

あきらめなくて良かったと強く思いました。。


この回の試作によって、レンズの素材色の出し方(染色の方法)などが、
致命的なほどに効果に影響を与えるのだということがわかったのでした。

自分が希望していた染色の方法では、理想としていた効果など、
まったく出すことができないということがわかったのでした。

色合いや濃度だけではなく、レンズの素材染色方法コーティングの選択
レンズの大きさ目との距離などなど、思いもしなかった要素も、
大きな影響を与えるのだということがわかり、極めて重要なヒントを
与えてもらうことができました。


また、その回の試作でたどりついた色合いは、まるで桃のような色でした。


桃太郎のお話は、もともとは、おじいさんとおばあさんが、大きな桃を
食べたことで若返って、桃太郎が生まれたという話であったように、
桃には若返りの力があるとされています。

桃源郷という言葉からもわかるように、桃は仙人が食べる食べ物で、
不老不死が得られると考えられていたのです。

また、ギリシャ神話においても、ネクターというものは神々の飲み物であり、
不老不死の薬とされていました。


このように、桃には特別な力があるとされていて、桃のような自然な
ピンク色が出せたらいいなあ、と当初からなんとなく思っていました。

ピンクの若返り効果とは、桃のような色合いから生まれるのではないか
とずっと感じていたのでした。

実際にあらゆるピンク色を試し尽くして、最終的にたどりついたのは、
桃のような自然なやわらかいピンク色でした。

ピンクのサングラス
ピンクのサングラス
ピンクのサングラス
写真ではうまく再現できないのですが、ピンクグラスを
カメラのレンズの前にセットして蛍光灯の光の写真をとると、
上のような雰囲気の色合いになります。
撮影するたびに違った色合いになってしまいます。

赤味、青味、黄色味、すべてが強すぎず、弱すぎず、
絶妙なバランスが保たれていました。

これで、色合いはほぼ完璧だと確信しました。

あとは、濃度をどうするかという段階にたどりついたのでした。


それにしても、レンズ会社の人たちが、こちらの試作の依頼を
そのまま受けてくれていたら、きっとたどり着くことなどできなかった
でしょう。

依頼する色合いがあまりにも多かったため、さすがにもう今回は
受けられないと突っぱねられて、がく然としてしまいましたが、
そのおかげで、非常に重要なことに気づくことができたのでした。

本当に運がよかったとしか思えません。

努力だけではどうにもならないレベルの話だと感じました。



ただ、レンズ会社の人たちが、もういい加減にして欲しいと言うのも
無理はなかったと思います。

昔の試作をお願いしていたときの文章などを読むと、
細かい指示が大量にあって恐ろしくなります。

6.(422-2)と(1125-1.5)を2枚合わせたものに色合いを合わせて、
  そのものを中心に、20%薄いもの、10%薄いもの、
  そのものずばり、10%濃いもの、20%濃いもの

7.(418-2)と(1124-2)とak-2を3枚合わせたものに色合いを合わせて、
  そのものを中心に15%くらい薄いもの、10%弱薄いもの、
  そのものずばり、10%弱濃いもの、15%くらい濃いもの。
  青味が必要以上に強くならないように気をつけてください。
  もしずれるならば、赤味が強い方にずれるほうがまだましだと
  考えています。

みたいな指示が延々と書いてあります。

よく毎回、こんなのに真剣につきあってくれたものだと
あらためて思いました。



そのあとどうなったかというと

大量にレンズを試作してもらい、手作業で
1枚ずつ透過率を0.1%刻みで測定して、
実際にどれがよいのかを試していきました。

ピンクのレンズ
ピンクのレンズ

どの濃度がよいのか、染色の回ごとでの違いはどうなのか?
といったことをひたすら続けていきました。

1枚ずつ、10.0を満点として、心地よさ、幸せな感じを
すべて数値化していきました。
気が遠くなるような作業でしたが、これによって、
とても重要なことがいくつもわかるようになりました。

染色の機械の性質もわかるようになりました。

そして、微調整を加えながら、大量のレンズの試作を
繰り返していきました。

ピンクのレンズ
写真に写っているものだけでも、およそ500枚ほどあって、
すべて0.1%単位で計測して、どういうふうに感じるのかを調べました。

どの濃度、どの色合いが最も望ましいのかということもわかってきて、
これでいけそうだと喜んでいました。

しかし、これで完璧だとなっていて、喜んでいたところ、傷が付きにくい
ようにするハードコートを掛けると、ごくごくわずかながら赤味と黄色味が
増す方向に色合いが変化するということがわかりました。

よく見ても分からないような小さな小さな変化です。

しかし、完璧から遠ざかると感じて、また微調整が必要になりました。

そんな過程を経て、ようやく実際のレンズの製作に入りました。

ここまでの試作でわかっていたのは、どこまでこだわっても、
完璧に一致させることなどできない。
色素の量を完全に量って、同じ機械であっても、気候などの条件によっても、
誤差は生じてしまう。

あとは、神のみぞ知る世界だと言うことでした。

だから、何度か作ってもらい、
そして最高のものだけを選ぶという方法をとることにしました。

できてきたものの中で、理想としている効果をより強く感じられる
レンズだけを厳選して、商品化することにしたのでした

偶然のおかげもあって、試作でできてきていたどんなレンズよりも、
理想の効果を感じられる素晴らしいピンクのレンズができてくれました。

本当に奇蹟だと感じたほどです。

それを、無理を言って、すべて透過率を0.1%刻みで測定していただき、
ごくごく狭いある特定の範囲のものだけを選び、しかも左右のレンズを
ぴったりと合わしてもらって、商品化しました。


市販のサングラスとしては、世界一、色合いと濃度にこだわったもの
であると思います。

これほど色合いと濃度にこだわっているものなど、
あるはずがないと思います。

レンズ会社の人たちもあきれ返っておられました。

でも、必要だから仕方がないと思っていました。

何千枚ものレンズをすべて透過率を0.1%刻みで計って、
選び出して欲しいなどど、無茶なことばかりをお願いしました。

結果的に4分の1とか、それ以下の割合の理想どおりのレンズだけを
選び出して商品化しています。

非常にぜいたくなサングラスであることは知っておいていただきたい
と思います。


フレームもかなり無茶な選択をしました。

ピンクのサングラス

これらはすべて高級なチタンフレームで、このあたりから選んだら
どうだという提案を受けました。
販売価格を考えると、チタンフレームが限界なのはわかっていました。

ピンクのサングラス

この婦人用フレームを選択することになりかけていました。
ピンクのジルコニアなどがきれいだったのです。
でも、これで喜んでもらえるのか?と考え直して、最終的には
思い切った選択をすることになりました。


最終的には、ベータチタンという超軽量の高級素材を選択しました。

めがねに詳しい方なら、この価格で販売することがどれだけ
無茶なことかがよくわかっていただけると思います。

でも、幸せな感覚を感じてもらいたかったので、
圧倒的に軽くて掛け心地がよいものでなければなりませんでした。

妥協はできないので、無理をしました。

これで、青色ダイエットめがねを買ってくれた方にも、きっと
喜んでもらえると思います。

本当に、長い道のりでしたが、ようやくたどり着くことができた
と思います。


真剣に使い続けてもまったく効果を感じなかった場合は、全額を返金いたしますので、
ぜひお気軽にお試しください。

このダイエット方法における心構え

  • 苦しい食事制限はありません。体の感覚に敏感になって、
    おなかがすいたらしっかりと食べて、おなかがいっぱいになったら、
    素直に従って、食べ終わるようにしてください。
  • 食べてはいけないものは特にありません。甘いものも食べてかま
    いません。
  • 食べることから、満腹感とともに十分な満足感・幸福感を感じ取
    るようにしましょう。

ダイエット方法の簡単な説明

  1. 青色めがねを食前に1分弱ほど掛ける。
  2. 興奮が静まったように感じたら、めがねをはずす。
  3. 普段通りにおいしく食べる。
  4. 腹八分目のあたりで食べ終わって、
    すぐにピンクグラスを掛けて、深呼吸を繰り返す。
  5. 満腹感と満足感が十分に高まってきたのを感じたら、はずす。
  6. 普段の微妙な空腹感は、ピンクグラスと青色めがねで弱める。

食前の過剰な興奮を静める働きは、青色ダイエットめがねが
満腹感と満足感を高める働きは、食後の幸せのパステルピンクグラスが
それぞれ担当しています。

食前に青色、食後にピンクを掛けるだけの簡単ダイエットです。


青色ダイエットめがねだけだと、満腹感と満足感をサポートすることが
できなかったので、食べ終わるというところに問題がありました。


両方がそろったことで、はるかに強力なダイエット方法となってくれました。

幸せのパステルピンクグラス1
幸せのパステルピンクグラス2
幸せのパステルピンクグラス3
画面では、レンズが赤っぽく見えると思いますが、実際に掛けてみると、
きれいなパステルピンクの色合いに見えます。

分光表
幸せのパステルピンクグラス4


特許出願中
幸せのパステルピンクグラス 通常価格7,770円(税込)のところを
期間限定で発売記念感謝価格3,800円(税込)とさせていただいています。

青色ダイエットめがね 1,890円(税込)

発売記念キャンペーン中につき代引手数料、払込手数料等は、
当社が負担いたします。
発送方法:ゆうパックのみ 送料全国一律500円
お支払い方法:クレジットカード(PayPal)、郵便払込み(後払い)、代金引換
paypal

一度の注文で5,000円以上お買い上げの方は、さらに送料を
無料とさせていただきます。
例えば、青色ダイエットめがねと幸せのパステルピンクグラス
を1つずつセットでお買い上げいただくと、送料は無料と
なります。




幸せのパステルピンクグラス
7,770円 (税込み価格、本体7,400円)
3,800円(税込、販売記念感謝価格)
   


青色ダイエットめがね
(ヘブンリーブルーグラス)
1,890円 (税込み価格、本体1,800円)

幸せのパステルピンクグラス青色ダイエットめがねを1つずつのセット
5,690円(税込み販売記念感謝価格) 5,000円以上の購入となるため、送料は無料となります。

ピンク青色 をセットでお求めの方はこちらから


ピンク青色 の単品をお求めの方はこちらから



幸せのパステルピンクグラス
7,770円 (税込み価格、本体7,400円)
3,800円(税込、特別感謝価格)
   


青色ダイエットめがね
(ヘブンリーブルーグラス)
1,890円 (税込み価格、本体1,800円)

幸せのパステルピンクグラスを購入していただいた方への特典

特典1 幸せのピンクダイエット ダイエットマニュアル
好評をいただきました2年前にまとめたレポートをさらに大幅に
パワーアップさせたものをプレゼントいたします。

特典2 幸せのパステルピンクグラス 詳しい使い方
幸福感を与えてくれるサングラスとはどのようなものなのか、
そして、どのようにう使えばよいのか?
まずは、現状わかっている範囲でお伝えします。
感想などをいただき、よりよい使い方がわかってきましたら、
またあらためてお伝えする予定です。

特典3 おすすめの甘いもの レポート
15個ほどの具体的な商品名をあげて、おすすめいたします。
少量で満足するという目的に特化した内容になっています。
満足感・幸福感をより高めるのに、かなり有効だと思います。

特典4 メルマガ2年分 バックナンバー まとめ集
殿堂入り まぐまぐ大賞2008ノミネートメルマガ
一覧できる形でお渡しいたします。



ようやくこれでダイエット方法が確立できたので、
ダイエットは本当は何をどうすればよいのかなど、
真実のダイエット情報を提供できるようになると思っています。



ようやく今になってブログを始めました。

幸せのピンクダイエット

ピンクができてからと思っていたら、こんなにも遅くなってしまいました。

こちらでは、できる限り商品についてはふれずに、
役に立つダイエット情報を発信できたらと思っています。

空腹感とはどういうものなのか、満腹感とはどういうものなのか、
という基本的なところからお伝えしています。

ただ、ダイエットに関するいろいろな説明をするのですが、
青色めがねとピンクグラスなしだと、ダイエットは本当に苦しくて
難しいものなのだなとあらためて感じさせられています。

よかったら参考にしてみてください。


これまでもダイエット関連の本を出さないかという話は、いくつか
いただいていたのですが、どうしても納得できるレベルにはほど遠くて、
辞退させてもらっていました。


でも、今ははっきりと見えるようになりました。

もう、大丈夫だと思います。

テレビや雑誌のダイエット情報のレベルとは
まったく異なる次元のダイエット情報を発信できるレベルに
なれたと感じています。

長い道のりでしたが、ようやくたどり着けたと思っています。


あとは、実際に試していただきたいというところです。

真剣に使い続けてもまったく効果を感じなかった場合は、メールを送っていただければ、
全額を返金いたします。

ぜひ、お気軽にお試しください。


より詳しい使い方などは、
購入された際にお送りさせていただきます。

ぜひ、新たな次元に達した、
ダイエット方法を試してみてください。



また、下のサイトでは、青色ダイエットめがねと
幸せのパステルピンクグラスはどういうものなのかについて、
もう少し詳しく紹介しています。
よかったら、読んでみてください。

幸せのパステルピンクグラスについて



■使用上の注意
・このめがねを掛けて車の運転をしないでください。
・このめがねを掛けて太陽を直接見ないでください。
・もし、異常が発生したときはすぐに使用を中止してください。

■販売価格について
ページに記載されている価格です。
■お支払い方法について
クレジットカード(PayPal)、代金引換もしくは、後払い(郵便振替=郵便振込)
■送料・手数料について
ゆうパック:全国一律500円です。(5000円以上お買い上げの場合は、送料は無料です。)
代引手数料、郵便振替手数料は無料です。

■お届け方法について
ゆうパック


■商品の返品について
不良品以外、原則的に商品の返品・交換は承っておりません。
■商品の引渡し時期
在庫があり、到着日指定がない場合は、通常、1週間以内に発送いたします。
■ご注文について
注文フォームよりご注文ください。
●販売業者:
有限会社FTF
販売責任者:新小田 泰平
所在地:540-0036 
大阪市中央区船越町2-4-6
電話番号:06-6943-6755
平日、土曜 

メール
E-メール
For The Future  Copyright (C) 2005-2009 FTF Co. All Rights Reserved.
当ホームページ「簡単ダイエット教室」はリンクフリーです。 ご自由にリンクしてください。