過食嘔吐について

簡単ダイエット教室TOP > 過食症で苦しい人へ > 過食嘔吐について

お願い!ランキング

簡単ダイエット方法1

過食嘔吐について

食べることによって、ストレスなどの不快感から逃れようとしていると、 次第に食べることに依存するようになっていってしまいます。

そして、やけ食い、ストレス食いをする自分に強いいらだちを感じて、そのいらだちが、 さらにストレスを高めて、やけ食い、ストレス食いのレベルを超えて、 過食衝動となってしまいがちです。

ところが、太ることへの恐怖が極端に強い場合、過食をして太ってしまうことを 受け入れたくないため、嘔吐をして、過食行為自体をなかったことにしようと してしまうことになります。


困ったことに、「吐いたらすっきりする」という感覚になったりするため、 癖になりやすい性質があります。

そして、習慣になってしまうと、過食嘔吐が儀式のようになってしまい、過食嘔吐をしないと 安心できないというような状態になってしまいます。


過食嘔吐をすると、体のミネラル分などが減少してしまったり、満足感に関するホルモンであるセロトニンが減少してしまったりすることがわかっています。

そのため、余計に過食衝動が強くなってしまうという悪循環にはまってしまいやすいのです。

過食嘔吐をしてしまっているということ自体に、自己嫌悪を感じたり、 罪悪感を感じたりしてしまうため、その感情がよりストレスを強めてしまいます。

とにかく、自分を責めないで欲しいと思います。

自分の心のバランスを取るために必要なことであったわけですから、 それは仕方がないことだと思います。

自分をあまり責めないで、少しずつ自分自身を受け入れられるように なっていって欲しいと思います。

まず、ダイエットや体の信号などについて、ぜひ学んでみてください。

過食嘔吐にはまってしまったのも、無理はなかったのだということに きっと気づかれると思います。

それほど、現状のダイエットの常識は恐ろしいものだからです。


効果的なダイエット方法とは?